人気ブログランキング |

カテゴリ:HP2( 46 )

GSチャレンジ その3

 夜は寒くて何度か目が覚めたが、日が出てきたら暖かくなってきたらやっと落ち着いて寝ることが出来たが、今度は暑くなり過ぎて寝てれなくなった。
時間的にも丁度良い時間になってきたので、起きる事にする。
今回は車なので、さっさと撤収して荷物を車に載せて置く。
やっぱりトランポは楽だな。
朝ごはんを頂き、昼の弁当を受け取る。
今日もやっぱり集合が悪く思うのは自分だけ?
ブリーフィングを終えへ、出発準備。
 今日はなぜかみんなの準備が早くて凄く並んでいる。
暑いしわざわざ並ぶのもどうかと思うので、ゆっくり出発。
最初からエスケープルートを行くつもりだったので、時間的にも全然余裕だと思える。
自分的にはみんなダートの方に行くのかと思っていたけど、見てるとエスケープルートに行かれる方が多く感じた。
自分的にはダートに行きたい思いもあったのだが、HP2のシートでタンデムしている奥さんの尻が痛くてかなり辛そうだったので、エスケープを進みました。
今日のフラットダートは、自分が慣れてきたのか?道幅的にも余裕があるからか凄く余裕をもって走れる。
あっという間にダートも終わる。
この分なら、今日は昼前には余裕で着きそうな感じ。

CP2後のダートに向かうが、マーシャルの方にタンデムはエスケープとの事で、エスケープルートに向かう。
アクティ森に戻っているなーと思いながら走る。
GSチャレンジ その3_c0041068_18453234.jpg

ダートとコンクリート舗装が交互に続く。
もう少しあるかと思ったが、あっさり終了。
分かり難いかと思いながらすすむ。
あー!マップの感じではこのまま、前回のスキルチャレンジ会場に向かっているなーと思う。
もうちょっと走りたかったと思いながら、今日の走行は終わり。

スキルチャレンジ
去年はMXコースとテクニックを競う区間があったのだが、よく考えたら今年はタンデムだからかなり装備を簡素にした。
自分だけフルプロテクションでは、奥さんが可哀想なので自分もジーパンでライディングシューズ。
MXコースをタイム計測するなら、ちょっとこの装備では嫌だったのでスタッフに聞いてみる。
今年は、減点方式のテクニック採点だけらしいので出る事にした。
コースに上がってくる道で色々トラブルになってるようだけど、とりあえず下見開始。
スタートして普段は下りになってると思う坂を逆に登る。
GSチャレンジ その3_c0041068_18462179.jpg

ただ、パイロンの所で一度停止してからのスタート。
GSチャレンジ その3_c0041068_18464318.jpg

上から見た図
GSチャレンジ その3_c0041068_18471436.jpg

GSチャレンジ その3_c0041068_18482720.jpg

登りきり、コブを超えるがパイロンの間。
そこから下ってきてパイロンの間を下る。
GSチャレンジ その3_c0041068_18485489.jpg

もう一段の下りが草があり路面が見えないけど、2段になっている。
下りきった所が余裕が無い。
そこらスラローム。昨日ほどタイトでないのでHP2なら何とかなるだろう。
スタート地点に戻ってきて、テーブルトップを横に跨ぐ。
ここの角度が一番キツイのでちょっと怖い。
下りきった所のスペースがここも少ない。
後は、泥沼にはめられるだけ。
GSチャレンジ その3_c0041068_18492063.jpg

山田純さんのR1200GSでのデモ走行。
GSチャレンジ その3_c0041068_18563131.jpg

やっぱりあっさりクリアーされた。
でも、そんなに難しさを感じなかった。
自分が出来る訳じゃないけど、昨日のコースの方がスラロームのシビアなので難しく思えた。
自分の番が過ぎるまでの緊張感が辛い。
気が小さいのでツライですわ。
アザークラス、シングルクラスと過ぎていく。
HP2の最初なんでちょっと緊張。
まあ怪我しないようにだけでした。

2バルブ、4バルブは車重があるのでやっぱり見ごたえあった。

スキルチャレンジも終わったから、帰ろうかと思っていたらスタートゲートに三橋さんがいるのが見えたので楽しいデモランのはじまり。
GSチャレンジ その3_c0041068_18501731.jpg

HP2を簡単そうに振り回していた。
ジャンプを飛んだ後、マシンが暴れまくって見ている一同びっくり(テーブルトップの着地点に穴があったらしいです。)
その後のしゃべりも最高です。
GSチャレンジ その3_c0041068_18504343.jpg


続いては、松本さん。
GSチャレンジ その3_c0041068_18511112.jpg

このHP2は、フロントにモタード用ホイールで、リアタイヤサイズを履かしてある変り種。
最初見た時は違和感があったが、何が違うのか良く分からなかった。
GSチャレンジ その3_c0041068_1852569.jpg
GSチャレンジ その3_c0041068_18522952.jpg

全然普通に走ってた。
俺なら、違いが分からないのちゃうかな?
GSチャレンジ その3_c0041068_1852505.jpg

その後が吉友さん。
Xチャレンジがどんなに走るの楽しみでしたが、普通に走られていたのでちょっと分からない。

個人的な意見
スキルを競うのだけど、やっぱり見た目にちょっと地味
去年のようなタイムと減点両方の方が面白かったと思える。
デモランがこの方式の方が迫力あった(三橋さんカッコ良かったです!!)
上手い人なら減点数が同じなので、タイムではっきりした方が分かりやすかった。
最後の泥穴のアピールポイントで勝敗が決まるのは微妙。


デモ走行が終わり、早く出発。
車にさっさと積んでしまいたい。
コマ図を見ながら走ろうかと思っていたが、前にいる人達について行く。
結構なペースで走っていくので、ちょっとびっくりした。

そのペースで帰るとあっという間にアクティ森に着いた。
さっそく駐車場でバイクを積み始める。
だいぶ積むのには慣れてきたので、怖さが減った。
時間余りかからず積み込めるようになった。
GSチャレンジ その3_c0041068_1853893.jpg

閉会式&表彰式

まあ、色々あったけど凄く楽しめた2日間でした。
ほんとにGSセントラルの皆さんはお疲れまでした。
by r1100gsbmw | 2007-06-07 18:53 | HP2 | Comments(0)

GSチャレンジ その2

5時位になると周りの気配で目が覚めた。
まずキャンプの準備をしてから、バイクを降ろす。
受付時間になったのでさっそく並んで受付。
今年は、Tシャツつきなので得なのか損なのか?

用意が終わると8時の開会式までヒマ。
GSチャレンジ その2_c0041068_1741573.jpg

周りを見て回ろうとも思ったが、眠さがましてきたのでウトウトしてた。

8時になるが集まりが悪い。
早い時間なので余裕の無い人もいると思うけど、もうちょっと時間で集まっていいのじゃない?
今年も司会は、近藤スパ太郎氏
GSチャレンジ その2_c0041068_174217.jpg

ここで嬉かったのは、やっぱり森町をバイク乗りに来て欲しいと言って頂いた事ですね。
あまり好かれていると思えない乗り物にこんな事言って頂ける町って素敵でした。

去年は、コマ図をすでにマップケースに入れていたので、変更点を書き難かったので今回は学習していたので貼り付けだけで終えておいた。
GSチャレンジ その2_c0041068_17423345.jpg

大きな変更も無く分かりやすそうなコース。

初心者の方が最初に出発。
これが終わったかなと思ったので、さっそく出発。
タンデムだったので、時間がたくさんあった方が良いのでなるべく早く出発。
自分が大きいので、後ろに乗っていても見えないみたい。
スパ太郎氏がびっくりしてた。
一人でコマ図で迷いながら走るのが楽しいのだが、参加者が多いのでどうしても人について行くようになってしまう。
人について走っていると、登りにきつい所でU字側溝に落ちていた。
前の方々が助けに入ったので、先に進む事にした。
どんどん進む。
コマ図で迷いながら、止まったりすると後ろに人が多いので出発にちょっと迷ってまう。
ダートをタンデムで走るのは、初めてなのでどんなものかと思ったけど、全然このペースなら普通に走れる。
リアに荷重がかかっているので、そんなに怖くない。
人について走っていると、ちょっと煽ってるみたいになってる?
と思っていたら前の人が壁に突っ込んでいったので、びっくりした。
「大丈夫?」
と確認すると気にせず先に進んでくれとの事だったので先に進む。

道の駅横川に着く。
マグロ握りには早糸と思えるけど、考えたら朝ごはんも食べてないので、さっそく購入。
さっさと食べてると、ちょっと早いなーと他の人は悩んでいた。

良い感じのルートを快走する。
楽しいなー!
GSチャレンジ その2_c0041068_17432557.jpg


CP2は12時開放なので、たぶんこの先で林道工事かなにかしているのだろうと思った。
GSチャレンジ その2_c0041068_1744535.jpg

時間があまっていたので、ここでランチパックを食べることにした。
奥さんはダートのガタガタに疲れたようで、あまり昼御飯が食べれないようだった。
奥の方にバイクを置いたので、ゲートオープンしたのだが出し難い。
少し待ったが皆さん出発しないようなので、バイクをよけて頂きながら出発する事にした。
だが出発しようとしたらなぜか皆さん出発準備が始まってなんか間が悪かった。

時間的には余裕があったのだがダートの量はあったのかな
もっともっとあっても良かったのだが、他の方はどうだったのかな?
後半は、奥さんはケツが痛くてもうダートは終わり?
としきりに聞いていたが、コマ図だけでは分からない。


スキルチャレンジ会場は去年と同じかと思っていたのだが、デイトナのコースでびっくり。
GSチャレンジ その2_c0041068_17443748.jpg

やるかどうするか悩んだけど、今年も出てみました。
タンデムで出ようと思ったが、奥さんに断られました。
やってみると、コースが嫌らしいのは分かっていたけど、体が思ったより疲れているのにびっくりした。
腕がパンパンになっていた。
奥さん乗せてダート走ったから、なるべく支えてやろうと腕に力入れていたの失敗だったかな。
GSチャレンジ その2_c0041068_17461248.jpg


最後まで見ていようと思ったけども、風呂に入りたいのもあり先に風呂に向かう。
去年も温泉に行ったので、場所は覚えていた。
駐車場に出るとHP2が5台となかなか見ることが出来ない光景
GSチャレンジ その2_c0041068_17481299.jpg


夕食イベントの生バンドは何時もながらどうなの?
要ります?
失礼だと思うけど自分は全然聞いてないので、逆に演奏者の方に悪くて。

ステージ上のイベントは面白いというか、話を聞く気になるのだけど。
スポンサー紹介が過ぎると酒も入ってたので、もう目が明けてる事が出来なくなってきてた。
GSセントルラルの方々(ありがとうございました&お疲れ様です。)
GSチャレンジ その2_c0041068_1750445.jpg


スキルチャレンジの発表で呼ばれていたようだが、半分寝てました。(スミマセン)
その後、お待ちかねの座談会
GSチャレンジ その2_c0041068_17503094.jpg

近藤スパ太郎さん・松本さん・吉友さん・三橋さん・山田さん・
話が前後左右に飛びまくってましたけど、所々で大事な事聞いたな!
南アフリカのGSチャレンジのDVDのビデオも見たかったけど無理でした。
その後テントに入った瞬間に記憶がなくなりました。
by r1100gsbmw | 2007-06-06 17:51 | HP2 | Comments(0)

和歌山ツーリング

久しぶりに普通のツーリング
暇な1週間があったのだが、その後に仕事場に行く知らないCB400Sfが仕事場に止まっていた。
誰のかと思っていたら、バイク欲しいといっていた後輩が買っていた。
最初に言っといてくれたら、暇だったのでツーリングに行けたのにと思いながら急いでツーリングの段取りをつける。
4人になったので、高野山に行く事にした。
河内長野に待ち合わせ。
そのままGSチャレンジに行くのでマップケースの試作品を使ってみる。
和歌山ツーリング_c0041068_0313097.jpg

しかし、買った後輩は土地勘と道がまだ良く分かってないようなので、分かる所まで迎えに行く。
時間ギリギリで少し心配したが到着。
服装があまりに普段着でびっくりしたが、自分も最初はこんなんだっただろう。
でも高野山に行ったら寒いだろうと思ったが言わない事にした。
さっそく次の待ち合わせ場所に急ぐ。
あまりスリ抜けもさせられないだろうし、スピードはどれくらい出るのだろう?
まだ、400km程しか走ってないらしい。
どれ位出せるか聞くと80km/h程は出るそうなので問題ないらしい。
思っていたとおりの時間に河内長野の待ち合わせ場所に着く。
しばらく待ってから出発。
HP2・YAMAHランツァ・HONDACRM250AR・CB400SF
和歌山ツーリング_c0041068_0341755.jpg

一般道は普通に走れるようだけど、峠道はどうなのかと思いながら先頭を走る。
峠でややオーバーラン気味で怖い。
ちょっと不安になりながら走る。
高野山に行くメイン道ではなく、反対から行くのが自分が好きなので行く。
道路が途中で工事通行止めらしい。12時位になったら行けるようなのだがそんなに待ってられないのでどうするか考える。
オーバーランしてる位なんで、観光バスの多い高野山のメイン道を走るのは怖いので、十津川方面に向かう。
168号線の迂回路がどうなってるか分からないけど・・・
こっちが速く走ってもあまり気にせず自分の安全マージンで走れるようなので見ていてあまり怖くなくなてきた。
コーナーでもオーバーランも無くなり、走る事になれてきたようだ。
一人の体調が悪いようで、薬局に行きたいらしいのだがやっぱりこのルート上に開いてる薬局があるわけも無く、右往左往してUターンを繰り返してたら、CBの後輩が痛恨の立ちゴケ。
和歌山ツーリング_c0041068_035727.jpg

かなりショックだった模様。

諦めて進む事に決定。
道の駅夢の国だった?で休憩。
あまりにも寒そうなCB君にレインウエアーの上着を貸す。
12時過ぎ十津川行って、ご飯・お風呂・ゆっくり休憩すればいい時間になって帰れるだろうと思い出発。
さっと道の駅十津川に到着。
近くの蕎麦屋でご飯。
和歌山ツーリング_c0041068_0353658.jpg

十津川温泉に行こうかと思ったが、近くの温泉に行く。
和歌山ツーリング_c0041068_036953.jpg

ゆっくり温泉につかりマッタリする。
来た道を帰り始める。
やっぱり休憩するのは、夢の国
日が傾いてきたので、少しづつだが寒くなってきた。
ゆっくりしていたい気もするけど、この後GSチャレンジにも行かないといけないだよなー。
河内長野に抜けるのに結構時間がかかるかと心配になる。
無駄な心配でした。すぐに着きました。逆にそこから家までかえるの時間がかかった。
高速が事故で入り口閉鎖で下道で帰る事になった。

さあ、GSチャレンジには、たどり着けるのか・・・
by r1100gsbmw | 2007-06-06 00:37 | HP2 | Comments(0)

GSチャレンジ その1

今日はGSチャレンジに出発の日だったけど、後輩とツーリング。
早めに帰る予定が、帰りの高速で事故で入り口閉鎖等があり帰りが遅れる。
家に到着したのが、20時頃だった。
距離的には走ってないが疲れていた。
まったく用意した無かったので、準備に時間がかかる。

今回は自走ではなく、友人が車を貸してくれたのでトランポを家から少し離れたコインパーキングに取りに行った。
途中で家に車の鍵を忘れたので戻る。
あまりにも疲れていると思い、ゆっくりと準備してから取りに行く事にする。
着替え、ウエアー、ヘルメット
今回は、嫁さんを連れて行くので何が要るのか良く分からないようなので、ゆっくり説明しながら準備。
これで少し落ち着いてきた。
ちょっと焦ってたし、イライラしなくすんだ。
友人の車が大きいし久しぶりにクラッチちょっと不安。
車を家の近くまで持ってきて、積み込みを始める。
たまたまチャリポリが回ってきて不振がって見てた。
一通り荷物を積んで、キャンプ用品を用意するの忘れてた。

汗かきながらやっと準備完了。
そのまま出発する。

名神が集中工事との情報は分かっていたのだが、どれくらいの渋滞なのか不安。
それも出てすぐから込んでいるので、休憩するわけにも行かない。
車に慣れてないので渋滞している方が怖く無くてちょうど良かったが、全然進まないのにはちょっとマイッタ。
しかし思っているほど込んでなかった。
集中工事の最終日だったのも良かったのかな?
多賀SAでやっと休憩。
疲れているのもあって、ゆっくり休憩したいがもう少し疲れきってから寝る事にしよう。
やっぱり電池が切れというか、もう目が開けてられないので上郷SAで仮眠を取る。
深夜2時位でやっと目が覚めた。
性格がせっかちなので、そこでゆっくりしているのも嫌なので出発する。
あんまり早く着いてもと思い、浜名湖SAにもよってみる。
ここまでくるとあっという間に、袋井まで到着する。
後は、去年の記憶があるのでアクティー森に到着。
まだ3時位でどうしようもないので、また寝る事にした。
あんまり眠くないと思っていたが、すぐに寝た。

次に起きると、はじまります。
by r1100gsbmw | 2007-06-05 08:17 | HP2 | Comments(0)

色々な所に行って見たいのだが、一人では根性が無いのでいつものA浦君を誘っていたのだが、練習中にエンジンのクランクベアリングが壊れたようで修理中で走りに何時いけるか分からなかったのだが、直ってきたので慣らしを兼ねて行く事になった。
何時もどおりの時間に、迎え来た。思わずあせって盗難防止のサイレン鳴らしてしまう。

こちらも高速乗り口まで近く、降りてからも郊外なので空いていたので現地にあまりにも早く着いたので、コンビにでも探すがなかなか無かった。
そんな事をしてると、ちょうど良い位の時間になったので現場に向かう。

何時もコース行くと思うがどうも最後の道が分かりにくい。
ミキアネックスパークに行きました。_c0041068_955987.jpg

コースに着くと、すでにトレールの人が3人待っていた。
聞いてみると、管理人の方はまだ来られてないようだ。

誰も居ない時は、とりあえず走り始めていいように書いてあるので準備する。
コースがどうなっているのか、良く分からないので先に来られていた方が走っているのを見てみる。
見えているのがMXコースのようで、反対側にも入っていく所があるのでそっちがエンデューロコースなのかな?
ミキアネックスパークに行きました。_c0041068_97219.jpg

ミキアネックスパークに行きました。_c0041068_975139.jpg

戻ってこられた方に聞いてみる。
MXコースは正解のようで、その途中の分岐に入るとエンデューロコースに行って帰って来る事が出来るそうだ。
まず、MXコースから行ってみる。
ゆっくり下見がてら走ってみると、最初はストレートも走りやすくてフープス?ジャンプ?どっとちか分からないのがあり、その先にきつい下りがある。
これが怖い。
先にある下りは少し緩いので、まだマシなのだが・・・
その先にジャンプが続き、最初に戻る。
怖いなーと思いながら2周目に入る。
さっきの怖さで、ブレーキかけて入り過ぎて車体が斜め向いて下に行ったら止まった。
って感じで、ビビリまくり。
リアを思ったより踏んでまうようで、リアをすぐにロックさせてしまう。
何周かしてみるけど、全然上手くいかないので、そこをショートカットしてみるとコースが短くなりすぎて楽しくない。
フッと横見ると、コーナーの練習できそうなバンクがあるのでそこをぐるぐる回ってみる。
リアブレーキをうまく使うのか?
アクセルをうまく使うのか?
本当はどれも上手く使うのだろうけど。
またMXコースに戻ってみるが、やっぱり怖くてそのうちコケて怪我しそうな感じ。
下りの手前で一度止まってそこからゆっくり走り始めるけど、
あんまい良いイメージで走れない。

そうしていると管理人の方が来られたので、料金を払う。
コースがどうなっているのか聞く。
MXコース図はあるのだが、エンデューロコースはどうなってるか分からないのと事でした。
エンデューロコースの方を見に行く。
どうなっているんかわからん。
かなりのガケを降りた跡はある。人の足でも登る事が出来ない。
友人が行けそうな所から上がって行ったのだが、下りて帰って来るときブレーキで握りゴケしたそうでアバラが痛いらしい。
せっかく直りかけだったらしいのに・・・
反対側にも行けそうな所があるので、そちら側も上って行ってみる。
行き止まりだと辛いので歩いて下見に行く。
500m程で1周出来そうなルートが出来るのだが、最後の登りをHP2でいけるのか微妙・・・
バイクの所まで戻りチャレンジ。

最初の下りは、それなりにキツイが最悪ここに戻ると登る事が出来るだろう。
バイクで行くと轍が思ったよりきつく、雨が乾いてない泥濘が浅いだろと思っていたら、思いの穂が深くビックリした。
車重があるので、思った以上に沈むようだ。
ミキアネックスパークに行きました。_c0041068_984154.jpg

途中の登りでも、木の根に引っかかり友人に押してもらい何とかクリア。
最後の上りがやっぱりきつい、ほんとに行けるか不安になる。
友人もいるので、アタックしてみる。
上りがきつくなる所で、道が曲がっているので上手くスピードを乗せれない。
でも、止まってしまうとHP2の重量なら滑ってしまう角度なので、足を着きながらでも無理やりアクセルを開けて上る。
半クラッチをあてて無理やり上げているのもあるので、少しクラッチが焼けた臭いがする。
やっぱり、俺の腕でHP2では、厳しいものがあるなー。
友人が、軽いって凄いなーと自分ののランツァでも、そんなに厳しくないでとの事でした。
これだけでも、疲れ果てました。

休憩がてらに飯を食べる。

ミキアネックスパークに行きました。_c0041068_991847.jpg
MXコースを走ってみる。エンデューロコースで慣れたのか下りが少しだけ怖くなくなった。
何周か走ってみる。
やっぱり怖いのは変わらないけど、ブレーキのかけ方が少しだけ上手くなった気がする。
でも、MXコースに飽きていたのでエンデューロコースでアタックすることした。
最後のきつい上りの前に、わき道が一本ありそこからなら上りに真っ直ぐにアタック出来るのでスピードが少しのせれる
その、ほんの少しの差が大きい。
これを上れると一周になるのでちょうど良い。
あまり無理しないようにしながら、何度かアタックした。
初めて走るコースでも、慣れてきたように走れる様になったら少しは上手くなったと思えるだろうけど、最初が全然。
何度も同じところを走ると慣れてくる。
最後の上りはあまりにもギリギリの技量なので、上手くなっていかない。
バイクに乗ったままクリアー出来ているのなら、なれて上手くなって行ってるのだろうけど、足を着いて半クラッチで無理やりクリアーしてるのだから・・・
調子に乗っていたら途中で止まってしまって、どうにもならない状態になりました。
降ろすのも怖くて、轍を跨いでどうなしようと思いながら取り敢えず起こす。
ギアが入ったままなので、止まっていたがクラッチを握ったらゆっくりと滑り落ちていく。
ビビリながら体がついていって、滑り落ちていった。
コケる事無く何とか下まで行く事が出来た。
フッと見るとリアブレーキのレバーが変な方向に向いていた。
来た道を帰る。
友人に見せびらかしながら力で戻す。
ミキアネックスパークに行きました。_c0041068_995010.jpg

このままやと嫌な気で終わるので、最後にもう一度やってみる。
失敗しそうになるけど、何とかクリアー出来たので今日の練習は終了。
コイン洗車機で洗車してると、左手首が痛いのに気がついた。
さっきコケた時に打ったのかな?
思ったより近くて良かったけど、自分のバイクならやっぱり阪下の方が走りやすいかな・・・
by r1100gsbmw | 2007-05-17 09:14 | HP2 | Comments(0)

オートランド生駒

後輩とオートランド生駒に行ってみました。
前回と同じく、レンタルでRM125を借りてみました。
少しゆっくり行ったら、平日なのに人が多かった。
Aコースにかなり上手い人達?がいっぱい居た。
そのかわりBコースは、ガラガラだった。
後輩を置いてさっそく走り始める。
やっぱり軽いのは楽だなーと思うけど、何周もしているとモトクロッサーの足回りに疲れてきた。安心できるけど、それなりのサス。
でも、なんか前回よりも走れてない感じ。

休憩で、Aコースの方を見に行く。
仲間内で模擬レースをしている感じ。
普通にジャンプでマシンをひねっている。
あれは何の為にしてるのだろうな?

何回か練習にする。
あまり速く走らず、ゆっくりコーナーを走ってどう回るべきかなるべく考えて、意識しながら走る。
どうも、、上手くいかないけどね。

昼飯をさっさと食べた後また練習する。

どうも日に当たりすぎたのか、頭が痛くなってきた。
RMにも飽きてきたので、HP2に乗ってみることにした。
怖いかと思っていたが、速く走る努力をしなかったら走れた。
でも、やっぱりこれで走ると長く走る事が出来ない。
それと、ふかふかサンドの部分が怖いけど、そこは止まるように遅い。
上手くリアを滑らせれたらいいのいな。
リアサスの気圧は、前回から少なめにしてるのだが、これがいい感じに動いて怖くない。
やっぱり加重が全然足りないから、今はこれ位の方が良さそうだ。

走りもそこそこ、色々だべりながら、過ごせて楽しかった。
by r1100gsbmw | 2007-05-09 16:26 | HP2 | Comments(0)

練習

また練習に行きました。
前日が夜中まで雨が降っていたので、最初の登りのストレートが少し粘土質ですべりまくって登って行けない。
友人にもあんなにのたうちまわって行かないと上まで上がれないかと聞かれる。
車重があると辛いのかと思って、友人のランツァに乗ってみたらそれなりに普通に上がって行けるので、やっぱり車重差なんだろうなー。
なんとなく、リアショックのエア圧を抜いてみた。
そうすると、さっきよりは全然上がって行けるようになった。
試した事無かったけど、なんか不思議だった。
アクセルの開けた時のリアの反応が良い意味で鈍感になるから、路面にトルクが伝わり難くなってるのかな?
天気が良くなってきたので刻一刻と路面状態が良くなるので、サスの空気圧を触るのはこれで止めといた。
ここのところ練習してるからか、路面が良い具合になってきたからか、滑る事にも慣れてきた。
でも、コーナーでは全然上手くならないなー。
もっともっと練習したら、感覚的なものが分かりそうな気はするのだけど・・・
1日のうちに1回位、上手くコーナー回れている感覚があればいいのだけど、全然そんなことも無いのがつらい。
ほとんど上手くなって行ってる感が無いのが辛いな。
by r1100gsbmw | 2007-04-21 21:59 | HP2 | Comments(0)

3人で

また、練習に行ってきました。
快晴が続いているので、路面が乾いて砂が浮いている。
フロントがスッと滑るのが怖い。
今回は、ブレーキのエクステンションをつけて、どれくらい踏みやすくなったかを確かめたかった。
3人で_c0041068_21365178.jpg

しかし見事に失敗でした。
高さの調整が合わない。
踏みにくいのはあるのだが、それよりやっぱり高さが低すぎる。
2段階になるので高い方で、ステップとフラットやや下げ位にしたい。
でも、ブレーキの調整がやりにくい。(解らない?)
3人で_c0041068_21372835.jpg

リアを旨く使えないと、良い感じで滑らす事が出来ない。
止まらないからフロントをかけると余計にコケそうになる。
滑るのが怖いだけど、リアを旨く滑らせる事が出来るようになりたいな。


久しぶりに友人3人との走りになった。
2人はナンバー無いので、久しぶりに自走で向かう。
ランツァとセロー。
セローはもう捨てても良いつもりらしいので、どんどん保安部品を取ってレーサーになって行ってた。
リアがかっこ悪いとの事で、友人のKXのリアフェンダーを無理やり切った張ったで取り付けていた。
色がカワサキグリーンなので、白に塗り替えてました。
セローの友人は、こんな事を昼過ぎまで繰り返してました。
ランツァの友人はどんどんレース志向になって、淡々と練習したてた。
自分は、リアブレーキをやり終えると、セローの友人が走り始めるのを待ちながら、チョコチョコと走っていた。
キツイ下りが怖くて、ブレーキをかけ過ぎて余計酷い事になっていたのだが、一度CRFの人に抜かれる時に、走りを見る事が出来た。
人が出来るとなんとなく着いて行くと、ちょっとはマシにクリアー出来た。
セローの友人とはペース的にほぼ同じくらいなので、走っていて楽しい。
普段はコース上で一番遅いと思うのだが・・・
友人が手加減してくれて前を走ってくれていると思っていたけど、どうも同じ位のペースらしい。
ただ、自分のほうが持久力が無いから、すぐに走るの止めてしまうけど。
セローの友人は、走り始めるとパンクするしでメンテな一日になってましたが・・・
3人で_c0041068_21375736.jpg

by r1100gsbmw | 2007-04-14 21:35 | HP2 | Comments(0)

練習後

1ヵ月半ぶりに,阪下に練習に行きました。
今回は、1時間続けて走れるのかを試したくて、最初にやってみる。
テンションをあげて走ると、最後まで持たないどころか必ず転倒するだろうから、ペースをセーブしながら走る。
1周目は、コース状況を見ることもあるのでぜんぜん速くないけど。
2.3周目になると、滑る事に慣れるので少しだけ速くなる。
そうすると、つじつまが合わないところで転倒しそうになる。
下りの急な所が怖くてしょうがない。
どうもうまく降りて行って、クリアーできない。
慣れてくると上手く行くかと速くなるのだが、そうすると転倒しそうになる。
怖くなって、ちょっとブレーキ踏むのが原因だろけど。
7,8周目になると、ほとんど惰性になってきた。
頑張るとコケルだろうから、テンションがあがらない。
どう、無難にこなすかになっていく。
11周目、これが最後だと思う何とか頑張れるが、握力が辛い。
振られた時に持っていかれそう。
運動不足なのがよく分かる。

これからの目標は,頑張って走って1時間持つ体力づくりだな。
でも、1ヶ月に1度の練習位では、上手くならないし。

その後は、疲れていたのもあってまったり過ごした。
何時もの3周か4周して休憩するパターン。

春休みということもあるのか、子供たちも何人か居た。
3人で来ていた子達が居たのだが、コーナーでは少しだけだけど子供たちのほうが速い。
俺が遅すぎると思うけど。
50ccのレーサだと思うけど、かなりへこむなー。
by r1100gsbmw | 2007-04-03 22:34 | HP2 | Comments(0)

Rタイヤ

Rタイヤを交換した。
本当は、街乗りにもう少し置いておくつもりだったが、出張から帰ってきたら空気が抜けていた。
やはりパンクしてるようなので、少し早いけど交換。
今回は、近くの昔からたまに行っているタイヤ屋に注文して、ホイールだけ持込で交換してもらった。
Rタイヤ_c0041068_23481561.jpg

少し乗っただけだけど、新品だと気持ち良いな。
by r1100gsbmw | 2007-03-13 23:43 | HP2 | Comments(0)