人気ブログランキング |

オフスクール その1

西宮名塩SAに6時30分に集合とした。
5時30分に朝目が覚めて窓から外を見ると、小雨が降っている。
雪ではないので此処は氷点下ではない事だけは確かだが、中国道に乗ったらどうなるのか心配だ。
ギリギリまで布団の中でねばって、さっと用意して出発。
中国道に乗ると路肩は雪が積もっている。
恐る恐る西宮名塩SAに入ると、こっちの方が路面が凍結していてスベリまくる。
二輪専用駐車場の前には雪が積もっているのが見えて、諦めて車のスペースに堂々と止める。
しばし待つと友人到着。
2人の第一声は
「さあ、帰るか!」
だった。
友人は車なので大丈夫なのだが、こっちはバイクでかなり寒いし怖い。
行ける所まで行ってみようと出発する。
途中工事渋滞はしていて、まわりの景色は真っ白だったが無事三木小野にたどり着いた。
そこまで行くと、あまり雪の影響は無い様で普通の良い天気だった。
高速を降りて少し道に迷うが、早めに出たので余裕で到着。
現地は、看板が出ていたのですぐ分る。

参加者の物と思える車が3,4台停まっている。
適当に車とバイクをとめて、準備を始める。
c0041068_22364346.jpg

なかなか、まったりとした時間が過ぎるが、道路状況が悪いようなのでゆったりとまっているようでした。
まず、渡辺さんを中心としてバイクポジションについてのコーチを受ける。
c0041068_22371384.jpg

ポジションの事を頭に置いた、走らせ方。
センターポジションからコーナリングポジションまでの体重移動、目線、などをゆっくりと説明していただく。
特に初心者には、個々のバイクにおけるポジションの取り方なんかを聞く。
ただ頭が悪くて、話を聞いていると1つ聞くと1つ忘れているような気がして・・・
実践しながらの方が、自分にはむいているのかなーとも思ったけど、それだと時間がかかりすぎるなーとかいらん事考える。
まず、初心者コースといわれるところで、見本を見せてもらう。
特に初めての人は、ポジションをゆっくり確認しながら、コーナリングまでの体重移動をゆっくりとうやってもらった方が良いといわれる。
さっそく、自分のバイクで挑戦。
最初はダート自体に体がなじんでなかった。
c0041068_2238286.jpg

HP2にしては、タイトなコーナーの下り坂に感じる。
これが、なかなか上手くクリアー出来ない。
後ろにかなり列ができるのだ、弱気な自分にはプレッシャーだぜー!と思いながら走り続けるが、やはりタイトターンの下りが怖い。
ブレーキかけ過ぎたり。
速度がゆっくりで、恐怖心に負けてリアブレーキを踏むのならまだしも、思わずフロントブレーキかけて余計にブレークしそうになったり。
最初は何周か出来たが、だんだん5周位で体が辛くなる。
特に右回りのせいか、左の太ももがスクワット状態に耐えれなくなり。1人だけ息が乱れてる。
友人に、『ゼーゼー!言い過ぎ』と言われる。
休憩している時に、上手い人のを見てるとなんとなく曲がり方が見えてきた。
轍に沿ってコーナリングしようするから体勢に無理が出る。
コーナリングフォームのままから突っ込んでもサスが良いので別に問題ない。
モトクロッサーのようにリアを滑らせるライン取りと根本的に違う。
そう考えて走り出すと、何度かに一度は上手くいってる気になった。

そこまでで、お昼休憩
by r1100gsbmw | 2005-12-17 22:35 | バイク | Comments(0)