人気ブログランキング |

うなぎツーリング

後輩達がツーリングに行きたいと企画してたので三方五湖までツーリングに行った。
基本的に殆ど人と行く時は、後ろを走る。
(何時もほぼ同じメンバーで行くので自分のポジションが決まりませんか?)
まあ自分がよく知っている部分は先頭を走るけどね。
今回は性格的に仕切ってくれる、同期位のヤツが行くはずだったのだが、仕事に都合で行けなくなった。
後輩3人を連れて行く。
茨木のマクドで集合なのだが、行けなくなったヤツがパパなので幼稚園に送ってから間に合う集合時間にしていたのだが居ないならもっと早く集まるべきだった。
9時30分に集合して早速出発。
俺のGS、FTR、ディグリー、バンディット250の4台。
まず亀岡に抜けるのに裏道を走ったのだが、一部がかなり荒れている舗装林道なのでバンディットはかなり辛かったと思う。
そこを抜けれたのでそこそこは、走れるのだろうと思いたんたんと走る。
亀岡抜けて京北町のまでは思ったよりも早かった。
ご飯を三方五湖のうなぎ屋にしたいとの事だったので、なるべく先を急ぐ。
あまり走り続けもしんどいのかなと思い、道の駅「名田庄村」でしばらく休憩。
c0041068_13511265.jpg
道の駅で休憩してます。


ちょっとだけのつもりだったのだが、暇だったのでロードの自転車の人に話しかけたら結構話してしまった。
後輩が暇そうに待っていた。
もうこの時12時近かったので急いで出発。
ここからは割りと良いペースで走り続ける事が出来た。
162号を走ってエンゼルラインをどうするか考えていた。
ここは有料の時から走った事も無く無料になってからもあまりこちらにこなかったので走った事がない。
大分昼が遅くなるが少し行ってみたいと思っていたが、交通情報板に通行止めの文字。
もしかしたら去年の台風の影響なのかな?
行く事が出来ないのでさっさと進む。
三方五湖のレインボーラインの看板を見てそちらに行ってしまう。
しかしよく考えたらうなぎ屋は、反対方向だった。
レインボーラインの入り口でそれに気がつき、近くでなんか食べるかと聞くがやっぱりうなぎ屋に行きたいようなのでうなぎ屋まで10km程戻る。
c0041068_13522286.jpg
うなぎ料理の徳右衛門さんです。


メニューを見るとおいしそうなだが金額が・・・
ちょっと今月はピンチなので辛い。
みんな貧乏なので?うな丼に決定!!(1365円)
注文してから焼いているので(当たり前か?)、だんだんと良い匂いがしてくる。
少ないかな?と思ったが食べてみると思ったより多くてお腹一杯になった。
ご飯を食べて満腹になった体を引きずって今度は三方五湖レインボーラインに行った。
700円の金額が微妙なのと天気が曇りなのが微妙なのだが、行きたいとの事なので行って見た。
c0041068_13533894.jpg
天気がイマイチ!


私は道を知っているのであっという間に展望台の駐車場に行ってしまった。
その上の展望台まであるのだが、上がるためのリフトが500円位するのでみんなでパス。
ここも、もう1人が居たら勢いでみんな上まで行ったのかな?
しばしぼっーとしたが温泉も有ると思い出発。
昔はもっと寒い時期に来たのか誰も居ないイメージしかなかったが、今日は観光バスもいて平日なのに賑っていて不思議な感じがした。
近くの虹岳島温泉に入浴。
1000円とこれも微妙な値段。
何か今回のツーリングはすべてが微妙な値段に思えるのは貧乏だからかな?
入ってみると温泉は良い感じでした。
c0041068_13543074.jpg


男湯は完全に外から見えてるやんと思った。
女湯の方は聞いてみると一応すだれの垣根があるそうなのだが、立ったら上半身は丸見えそうだ。
向こう岸は少し遠いので裸眼ではちょっと見えないだろうけど。
男湯では結構話が盛り上がった。
完全に風邪を引いてると思っていたのでゆっくり温まって、ゆっくり体を冷さないと絶対風邪がぶり返すと思いかなり気を使いながら温泉に入った。
ここではゆっくり休んでから出発。
後は帰るだけ。
時間は16時ごろだったが何とかなるだろうと思い鯖街道を帰る。
27号から県道を通り303号・367号とかなり良いペースで走れた。
367号の途中トンネル付近で車に引っかかりノロノロ運転になって後ろの人間は眠たかったようだが。
367号でそのまま京都市内まで入る。
ここからは道がよく分からないので、京都に住んでる後輩に先頭を代わり、空いてる所?かなり裏道を通ったりしながら1号線まで案内してもらい、そのまま解散になった。
私は1号線を走って帰ってきた。
暇なので帰りに友人に家に行った。
そこで、今日のツーリングの話をしながら考えたら完全に引率で、おっさんになったなーと気づく。
350km程の距離だが、後ろを気にしながらだと結構疲れた。
by r1100gsbmw | 2005-06-02 13:55 | バイク | Comments(0)