人気ブログランキング |

JNCC

出場しました。
c0041068_1242522.jpg


全然練習してないし(それは自分が悪い)、前日には大分メンドクサクなっていたけど、

予定より3時間遅れで出発

何とか夜中に着いたが、最後の入口が分からず迷う。

場所的に良いのかよく分からないけど、とりあえず近くに駐車する事が出来た。

6時位から、バイクを降ろしたり準備

さっさと受付をして燃料を作り、着替えてたらもう

ライダーズミーティング
c0041068_12427100.jpg

そういえば、鈴木健二カントク初めて見た。

見えているコースの感じでは、テクニカルなターンの連続。

牧草地がどうなってるのか分からない感じでした。



スタート

まあ、全く走れないだろうから後ろの方からゆっくりでいいやと思いながら、スタートは頑張ってみようと思ったが、さすがにみんな早くてどっちかというと遅いスタートだったと思う。

どこがヤバイか分からないので、遅いのにさらにゆっくり走る。

最初の溝越えでハマる!!

抜け出すのに手間取る。

Dクラスが追い付いて来ていた。

後は、一周がどこまであるのかな?

っとずっと考えて嫌になっていた。


ただ、ロケーションは良い。

コースもガレ・林間・牧草地・変化があって楽しい!



1周終る前には、腕が終わっていた。

時計を見てる余裕もなかったけど、一体1周するのに何分かかったのやろう・

セクション的なところは、分かったけど。

飛んだらヤバいところは全然覚えてなくて、ストレートで飛ばしたら飛びそうで怖かった。

ヒルクライムで無理やり行ったら、やっぱり捲れてリアフェンダーは、持って行かれたし。

プラグカブってキックの鬼になった。

まあ、30回位やと思うけど。

必死にキックしてたら、健二カントクと渡辺学さんが下見してた。

カントクが真中から行くと言っていたのを聞いたが、自分の思っいるラインと全然違う事に、3時間のレースが始まってから知る事になる。

ヘロヘロになって、何とかヒルクライム登る(この後、エスケープが有った事を知りました。)

もう、体力的に限界になってた。

なんも無かったら、4周くらいかな?

ってペースでした。



林間コースのガレと、粘土質で滑る路面に苦労した。

牧草地の、轍と水たまりは怖かったけどゆっくりでもいいから進む。

これだけを心掛けた。

後は、KTMEXC125このマシンのおかげもあると思う。

WR250Fより軽い、ヒルクライムの時にヤバい事は有ったけど、トラクションを掛けやすい気がする。

押したり、起こしたりも軽いし。

これでセルが有ったら最高!!

あと、たぶん他の人にもしてるのやろうけどKTMの人らがパドックの所で応援してくれてるのが有りがたかった。

やっぱり何となくうれしい。


最後の1周やと思っていたのだが、やっぱりトップに最後に追いつかれなかったので、もう1周目に突入しいた。

ヘロヘロだ~!

と思っていたところでコケた所で絡んで、

絡んだ女性の方もコケたけど、カッコよく

「ごめんねー!」

と言ってバイクを起こして走ろうとしてた。


これで、ちょっとやる気出た。

全然嫌になってない気持ち良さがあって、なんか嬉しくなった。

そこから少し頑張りました。

林道ガレ場でも、なんとなくどんどん前に進むようにした。

粘土路面でも、コケながら進みました。

でも、前の人抜こうかと思いましたがそうするとコケそうでやめました。

もうすでに、表彰式が始まりそうな所で帰って来たので、終わりかどうかもよく分からん感じでレース終了!!

ドロドロになりました。
c0041068_1245885.jpg

やっぱり出たら、楽しかったです。
by r1100gsbmw | 2012-04-03 10:45 | KTM125EXC | Comments(0)