山トラ

もう昨年末になりますが、久しぶりに山トライアルに行きました。
c0041068_1243965.jpg

現地でちょっと人待ちだったので、ゆっくりその辺りを走って久しぶりのトライアル乗り方を思い出してる。

道案内の人が到着したので、山に入っていく。
久しぶりの山トライアルですぐに腕が上がってしまう。
粘土質の山に前日雨で急勾配で止まるともう発進する事が出来ない。
道を間違えて戻ったりしていた。

 ちょっと離れて走っていると、前でエンジンの回転数が以上に上がっている音がしてるので、多分コケかな?
っと思っていると、自分のリアタイヤがロックした。
 あれ?
 リアタイヤを見るとチェーンが外れている!!
c0041068_1253279.jpg

c0041068_1263774.jpg

 整備不良だなーと思って、もっとよく見ると
スプロケボルトからナットがすべて落ちていた。
c0041068_127615.jpg

最初は、スプロケにネジが切ってあるのかと思っていた。(後日、人に聞いてナットが有る事が分かった。)

ナットも持っていないくて、細引きのロープすら持っていなかったので、取り合えず手伝っていただいて、山を登った。
 後は、なだらかなくだりが多いので、ゆっくり押して戻る。
その間に、車に戻ってロープを取ってきてもらう。


もう一人は、、アクセルホルダーがブレーキの所に干渉していて、スロットルが戻らなくなったらしい。
回転数が上がり過ぎて、エンジンを止めようとプラグキャップを千切って外したのだが、あまりに高回転になっていると、火花が飛ばなくなってもエンジンが止まらないようだったらしい。
 そっちは、年季のある先輩が直してたので走れるようなっていた。

トライアル車の低圧の空気圧で、グリップするので押して歩くと抵抗があって、車重は軽いが押してると思い。
結構押して歩いて、緩いけど長い登りが辛かった。
登りきって息があがって休憩していた所に、ロープを持った先輩が帰ってきてくれた。
ロープに引かれて、トランポの所まで何とか戻った。

 
で、昼休憩。

ゆっくり昼食って、あとは2人に好きに練習してもらってゆっくり、昼寝でもしようと思ったけど
近くでちょっと乗ると言うので見物に行く。
 本来ならば小川のような場所があったので(昨日の雨で増水していた)、川のセクション練習を2人がやりはじめた。
c0041068_1275338.jpg

c0041068_1281716.jpg

c0041068_1284170.jpg

先輩は、もう自分はいいので練習したらと、バイクを貸してくれた。
人のバイクはちょっと怖いけど、ロックセクションの練習のつもりでやる。
 自分は、一つ一つのの大きな岩を、クリアーして行こうと思う乗り方になっているのだが、先輩が言うには
「ひとつの流れである程度まで進まないと、大きな岩に引っかかって進まなくなる。」
 言われるとそうなんです。
勢いで進んで、その時に体がバイクから置いていかれない事が重要。

何度もロックの川渡りをする。

借りたバイクがパンクした。
それで、今日の練習は終わりになってしまいました。
今度は、もうちょっと整備してから練習に行こう。
[PR]
by r1100gsbmw | 2010-01-09 11:51 | トライアル | Comments(0)